ずっと部屋の中

Exif_JPEG_PICTURE

 午前起床。豆ちゃんがクーラーをつけてくれていたようで、たいへん涼やか。Twitterを見ると、どうやら外は暑い模様。ずっと家の中で仕事。『名画座手帳』サイトデザイン下地作りなどなど。ゆうパック2、ゆうメール5を発送。入力70点アップ。

 ふと思い立つことあり、他事項の確認もあって、Sさんと電話。モヤモヤとしたものがスッキリとした。感謝してもしきれない。電話中、大量の買取などのいい話を遮っているのではないかと不安になる。

 さまざま考え、仕事に使う時間を、現行の延長線上にある仕事3割、未知の先のこと7割というふうに割り振ろうと決意する。そうしないと、トマソン社じたいがつづけてゆけない。
 ただ、3割とはいえ、やることはたくさんあるので、ギュッと集中してやって、7割をゆっくり使う感じにしたい。

 早速、アマゾンで新規事業用のリサーチ作業と実行、見積もり依頼づくり。

 9月はWEB企画用の撮影になりそう。テストなど含め、下準備進める。
 いぜん購入した一眼レフはどうも使いづらく(フォーカスが遅い)売ったので、新規に買いなおさないといけない。YouTuberの動画などを見て動作感などを目で確認。便利な世の中だ。Canonはいいものに一度もあたったことがないので、それを除外して探す。
パナソニックのGH4に、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROがいいような気がしてきた(瀬戸弘司氏とまったく同じ)。
 

 17万か……。これだと4K動画も撮れるのでよさそう(マイクなど買い足すと25万弱くらいか)。ただ、数年後には8Kが見られるようになるので、もし買うとすると、そこまで年数万かけてリースするような感じで使うようになる。出版者でも動画の撮影&編集ができるようにしておいたほうがいい(というか、すぐにするべき)と思うので、動画の勘所を早めに掴んでおくことはとても大切だ。

 写真は2009年撮影。谷中の「なかよし文庫」跡地だったのではないかと思う(違うかも)場所。貸本の筆文字がカッコいい。ここの蔵書は、とある古道具屋さんの手によって、一般のかたに売り払われた。私もたくさん買ったのだが、読んだあと売った(『サイクル野郎』の揃いなどは高く売れた)ので、手元にはほとんど残っていない。