メモ

no-image

出品作業最適化メモ

1 撮影
コンデジで撮影。コンデジは動作、ピントのスピードが早くて明るい、やや高級機を使用(安いものだと時間がかかる)
撮影場所は撮影にのみ使う
※できればwifiやBluetoothなどで撮影しながら転送できるもの
※できれば俯瞰で撮影(「SLIK 雲台アクセサリー スライディングアーム」などを使用)
撮影はJPEGのみで最高画質で行う(あとで縮小する)

2 入力作業
EXCEL CSVに直接入力(カテゴリ、商品名、説明、価格、画像番号、注目のオークション)
-カテゴリはカテゴリ番号をURLなどからコピペする
-商品名冒頭に棚番号を記入する
-棚番号は棚、日付がわかるようにする
-棚管理は棚を版型でわけて、時系列で行う(押出ファイリングのような形)。棚位置を固定すると「そこはどれだけ空いているか」が分かりづらい
-棚管理は大きめのポストイットを該当出品物の最初の本に貼り付ける。棚板でも可。ポストイットのノリで紙が剥がれそうであれば別の本ないしはOPP袋に入れて貼る。
テンプレートはオークタウン(https://auctown.jp/)のものを使用
事前に、レターパックやゆうパック、商品状態などで複数のテンプレートをつくっておく

3 出品作業
取り込んだ画像データをフォルダに移動、フリーソフトで縮小をかける
CSVと縮小した画像をZIPファイルにしてオークタウンにアップする
画像が合っているかざっと確認して出品予定リストへ入れる
-出品予定リストは月ごとにフォルダをつくっておく
一括出品を行う

4 梱包
落札後の管理は、取引ナビブラウザ(https://www.noncky.net/software/navibrowser/)を使用し、進捗状況を色分け、確認、書き出しなどを行う
ゆうプリR(現在、Windowsのみ使用可能)を入れておく。※ゆうプリRは郵便局との後納契約が必要だと思う
取引ナビブラウザで書き出したゆうプリR用のCSVを書き出す。ピッキングに使用するため、商品名のみを抽出してプリントアウト
ゆうプリR用データを取り込み、ラベルをプリントアウトする
梱包を行いつつ、発送連絡する
※追跡番号があるものはバーコードリーダーで読み取る
梱包用品は、厚紙封筒2種(A5,A4)、レターパック2種、角0封筒、ダンボール3種(80.100.120)、クラフト手提げ袋を使用
※宅配ビニール袋もOPPに入れる必要ないためいい(https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E5%AE%85%E9%85%8D%E3%83%93%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%A2%8B/
プチプチは40センチ幅を使用

5 その後
長期出品品などは出品からはずす
棚番号でソート、出品価格などでソートして削除
※ソートできるように出品日時を含めておくことが重要

6 課題
ボトルネックとなっているのが、カテゴリの検索。ジャンルが限られていればいいが、まざっていると一点一点探してゆくことに時間がかかっており無駄が出ている